漆喰塗り

砺波市内で改装工事中のE様邸の現場からの一コマです。

自然素材の漆喰を壁に塗る工事をしております。

こちらは左官屋さんの親方。。。ではなく社長、古城です。

古城建築では何でも工事いたします。

しっかり梁などに漆喰が付かないようにシートをかけています。

曲がった壁もできる予定です。

一生懸命作業しております。

完成が楽しみです。!(^^)!

K

建方。。。。??

婦中町にて建方作業ではなく、解体作業をしております。

今の住宅では、ほとんど見ることが無くなった丸太の梁を見ることができました。(‘_’)

欅(けやき)の立派な梁です!

すごい迫力です!

大工さんの技で組み上げられた小屋組みはすごいです。

なかなか外すのも一苦労しております。

下から上にカケヤ(おおきな木づち)を振るのは大変です。

そして外した梁は、弊社の駐車場に納品されました。

社長!車停めるとこなくなりますよw

この継手の加工すごいです。台持ちと言う加工です。

木が反らないように継手の端部にも突起の仕掛け(蟻)が施されています。

写真では分かりづらいですが、梁には基準となる線(墨)があります。下の材料には桁からの上り墨が打たれています。

下の材料には達筆で読めませんが、しっかり何の墨か書かれています。

木を見ているとワクワクしますね(^^♪

 

K

 

鵜坂分譲 建方

富山市婦中町鵜坂にて2棟分譲住宅の建築を行っております。

建方は晴れ続きで幸いです。

まずは初日は南棟(写真右側)から建てる計画にしております。

順調に家の骨組みを組み上げていきます。

部材の仕口(部材どおしが角度を付けてつながるところ)にはボルトが入ります。しっかり金物で補強します。

お昼過ぎには南棟、大分形になってきました。

無事屋根まで完成しました。

明日は北棟の予定です。。。。。っとここから北棟も作業が始まります!

大工さんもパワフルです!

北棟(写真左側)も2階の床の骨組みまで終わりました。

明日も大工さん、よろしくお願いします。

K

N様邸 地鎮祭

先日、フォンさんと一緒に地縄を張ってきた現場の地鎮祭が行われました。

本日も雨の予報でしたが、地鎮祭の間だけ、見事に晴れてくれました。

一時、強風もありましたが、式の間は本当に風も納まり良かったです。

神主さんの見事な笛の演奏でした。

こちらは刈始めの儀、穿初めの儀で使われるものです。

砂山に、その土地の草木などを立てて行われます。

施主がその土地の草を刈り、施工者が土を掘り起こす作業を模して行われます。

地鎮祭は、工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。

着工にあたり、完成まで無事故で進めていけますよう頑張ります。

K

 

 

晴れ続き建方

本日も砺波市にて建方作業を行いました。

昨日の天気予報は、本日は雨の予報で、カッパを着ての作業も覚悟しておりましたが(3月でも雨に打たれると寒い。。。(;´∀`))見事に晴れました♪

晴れた方が作業も捗ります!(雨の日と比べた事ないですが。。。)

お昼前ぐらいに屋根の格好も付いてきて形になってきました。

順調です!

夕方前には屋根の下地まで終わり、現場をキレイに片づけて作業終了です。

大工さんお疲れ様でした。また明日からも安全作業でよろしくお願いします。

K

初めての地縄張り

今日は晴れの予報でしたので、ベトナムからの研修生、フォンさんと

地縄を張ってきました。(建物の中心線を地面に縄を張って配置の確認する作業)

フォンさんは、普段は大工工事をしていますので、初めて地縄を張りました。新しい事を覚えるのが楽しいと言っていました。

私も今まで、いろいろな人に仕事の仕方を教わってきました。

本当に感謝しかありません。

今度は教える立場になってきたのだなと実感いたしました。

間違った事を教えないように気を付けます(*´ω`*)

K

 

基礎の確認

ただいま着工中のH様邸

基礎の鉄筋が組みあがりましたので確認に行きました。

鉄筋の確認事項は、鉄筋の継手の長さ(どれくらい重なっているか)、鉄筋の空き寸法(密接してコンクリートが流れないようになっていないか)、コンクリートの被り厚さ(適切なコンクリートの厚みが付くか)

等あります。

社内検査と、第三者機関の検査も終わり、コンクリートの打設の準備ができました。

あとは晴れた日を見計らってコンクリートを打ちます。

K

春の建方

3月20日に富山市婦中町地内にて、I様邸の建方が行われました。

天気にも恵まれて無事に作業が進みました。

順調に建物の骨組みが仕上がっていきます。

レッカーさんも難しい条件の中の作業ありがとうございました。

夕方前には外部の壁に透湿防水シート(タイベックシルバー)を施工して

建物の中に雨水など入らないようにできました。

こちらのタイベックシルバーは、通常の透湿防水シートと違い、アルミが

入っていまして、遮熱効果もある物です。

夕方には上棟式をさせていただきました。

I様、おめでとうございます。完成に向けて一生懸命頑張らさせていただきます!

これからも宜しくお願いします。

K

O様邸 上棟式

みなさまこんにちわ!
先日上棟式が行われました(^^)

「上棟式」は建前(タテマエ)とも呼び、無事棟が上がったことに喜び感謝するものです。「儀式」というよりも施主様が職人をもてなす「お祝い」と言えます。

工事に関わった人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。

 

<四方固めの儀>

施主様と棟梁がお清めのお酒→お米をまいていきます。

天気が少し悪かったのですが、あっという間に立ち上がっていきました。
職人さんてほんとすごいなぁといつも思います(;゚Д゚)

すてきなおうちに仕上げますので楽しみに待っていてくださいね(*^-^*)

 

古民家リノベーション

80年前、八尾町から移築された匠の心(枠の内造り)

8寸の大黒柱(240mm)
1尺2寸の胴差し(360mm)
迫力いっぱいです!!!
もちろん欅(ケヤキ)造りで赤ケヤキの中杢のとてもきれいな材。
手がけた大工さんの想いがこめられた一間空間。

小屋裏には地松がしきりと屋根を支えています。
昔は冬に木を切り倒し、ねかせ、木取り、皮ムキをして
春前に山から雪の上を滑らせ町まで材木を運んだと聞きました。
今では四角いものばかり。(生産性重視)

100年前は「いかに少ない材料で丈夫な構造をつくるか」でした。
匠の知恵と想いがつまったこの建物を廃材にするには勿体なすぎる!
聖徳太子に叱られます。(え?)
そこで弊社、手こわしで保管しますので
この総ケヤキ枠の内造りで、住宅や店舗など御計画ございましたら
御一報ください。

早い者勝ち!!!

木を大切にして下さる方に、安価でお譲りいたしますよ(*^_^*)
ご紹介者様にもお礼いたしますので、皆様是非、、、、
古城建築の営業マンになってくださーーーーい!!(笑)by古城